バルトリン腺炎の症状・原因・治療方法

バルトリン腺炎とは??

分類   【 膣・外陰の病気 】

読み方  【 ばるとりんせんえん 】

膣の入り口側方の大陰唇後方に、バルトリン腺炎と呼ばれるエンドウ豆大の分泌腺がありますが、ここが大腸菌やブドウ球菌、淋菌、嫌気性菌などの菌が感染することでおこした炎症をバルトリン腺炎と呼びます。

炎症が起こることによって、腺液の出口がふさがり、腺液がたまることで嚢胞ができてしまいます。

原因

主に大腸菌やブドウ球菌、淋菌、嫌気性菌などの菌が感染することが原因でおこります。

症状

大陰唇後方に腫れ物ができ、痛みや熱感を伴います。
はれものが大きくなるにつれて座ったり歩行などが困難になってきます。

治療方法

症状が軽いうちは抗生物質と消炎剤で治りますが、進行してしまうと決壊によって膿を出したり、はれものを摘出する手術が必要となります。