外陰掻痒症の症状・原因・治療方法

外陰掻痒症とは??

分類   【 膣・外陰の病気 】

読み方  【 がいいんそうようしょう 】

外陰掻痒症は、外陰部がかゆくなるに対する病気の総称です。

通常はカンジダ、トリコモナスなどの原因疾患がありますが、原因疾患が不明な場合もあります。この場合は特発性掻痒症と呼ばれます。

原因

原因疾患として最も多いのは、カンジッダによる外陰炎・膣炎と、トリコモナスによる膣炎です。
その他にも、下着やナプキン等による接触皮膚炎、細菌性の膣炎などでおりものの増加と共に刺激が増えることによっておこります。

症状

軽度のかゆみから、睡眠を妨げるような強いかゆみまでおこります。

治療方法

まずはその原因疾患をみつけ、その治療を行うことが鉄則です。
決して自己判断で市販のかゆみ止めなどは使わないようにしたいです。

原因不明の特発性掻痒症の場合には、対症療法が行われます。
この場合はかゆみを抑える軟膏を塗って治療します。