カンジダ膣炎(膣カンジダ症)の症状・原因・治療方法

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)とは??

分類   【 膣・外陰の病気 】

読み方  【 かんじだちつえん(ちつかんじだしょう) 】

カンジダ膣炎(膣カンジダ症)は、膣内外に真菌の一種であるカンジダという微生物が何らかの原因によって異常増殖し、炎症がおこる病気です。

カンジダは、非妊婦の15%、妊婦の20%以上で検出される駐在菌ですが、検出されたからといってカンジダ膣炎ではありません。


このカンジダが体調不良やストレス、その他の原因によって、増殖して炎症をおこして症状が出始めて、初めてカンジダ膣炎と言えます。

原因

異常増殖し、感染炎症する原因として最も多いのは、体調不良、ストレスその他病気による抵抗力の低下です。

症状

外陰部やその周辺に激しいかゆみがあらわれ、濃いクリーム状またはチーズ臭のするおりものが増えるのが特徴です。

男性の場合は、発疹とかゆみなどがあらわれますが、無症状のことも多いです。

治療方法

外陰部や膣内のおりものを十分ふき取った跡に、抗カンジダ剤を膣の奥のほうに挿入し、同時に抗カンジダ剤をふくむ軟膏を外陰部にすりこむことで、10日ほどで改善します。

4日ほどで症状がとれることが多いですが、しっかりと完治するまで治療を続けないと、再発する恐れがありますので、注意が必要です。