不正性器出血の症状・原因・治療方法

不正性器出血とは??

分類   【 膣・外陰の病気 】

読み方  【 ふせいせいきしゅっけつ 】

女性は月経以外に生理的出血をみることはありません。

そのため不正性器出血は、月経のような周期的出血以外の出血がある場合を言います。

30歳未満の女性で性器出血がでた場合、周期性の出血か、月経のどの時期の出血かを区別するために、基礎体温を測定することが必要です。

原因

症状やその度合いによって、原因も変わってきます。

症状

性器出血のほかに以下の症状があらわれた場合は、その他の病気も関連している可能性がありますので、産婦人科を受ける必要があります。

  • 子宮頸がん…下腹部痛、おりもの、性交時の出血、腰痛、下肢痛、血便、血尿、排尿障害など。

  • 絨毛がん…下腹部痛、おりもの、血液の混じったおりものなど。
  • 子宮体がん…下腹部痛、おりもの、水っぽいおりもの、血液の混じったおりものなど
  • 子宮肉腫…下腹部痛・違和感、おりもの、腫瘤感など。
  • 外陰がん…外陰部のしつこいかゆみ・はれ・痛み、排尿時の灼熱感など。
  • 子宮頸管ポリープ…おりもの、きのこ状の深赤色の病変が子宮口から露出しているなど。
  • 黄体機能不全…予測される月経発来約2週間前の出血、月経周期の短縮など。

治療方法

症状に応じた対症療法が行われます。