月経困難症の症状・原因・治療方法

月経困難症とは??

分類   【 月経の異常 】

読み方  【 げっけいこんなんしょう 】

月経困難症は、いわゆる月経痛の事で、子宮収縮や子宮収縮に伴う有害物質の増加、子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となっておこります。

原因

子宮収縮や子宮収縮に伴う有害物質の増加、子宮周囲骨盤内臓器の充血やうっ血が原因となっておこります。

症状

腰痛や吐き気、頭痛、嘔吐、便秘、下痢、めまい、精神不安定、食欲減衰、月経血量の増加などの症状があらわれます。

一般にこれらの症状を月経随伴症状と呼びます。

治療方法

症状を軽減するために第一に安静に努めることが重要です。

ゆっくり休息をとるだけでも出血量がかなり減少しますし、肉体的や心理的ストレスによる痛みも少なくなります。

その他にもアルコールを控えたり、鎮痛剤を飲むことでも症状が改善されます。