子宮後屈の症状・原因・治療方法

子宮後屈とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 しきゅうこうくつ 】

子宮後屈は、子宮体部が頚部に対し直腸や肛門の方向へ屈曲している状態の事を言います。

原因

先天的な原因によっておこるものや、骨盤内の炎症、出産で靭帯や筋肉のゆるみによるものが原因でもおこります。

症状

十分な可動性が保たれている場合は、ほとんど無症状で経過しますが、症状としてあらわれるときは、月経血や粘液の通りが悪くなり、月経痛やおりもの、骨盤内の血流が悪化して、腰痛の原因もになったりします。

治療方法

子宮内膜症や付属器炎などの原因によって癒着し、癒着性後傾跡屈になったもののみ、その原因の治療が必要と考えられています。
したがって、子宮周囲の炎症疾患にかかったときは、できるだけ早く十分な治療を受ける必要があります。

治療は主に、手術による癒着剥離を行います。