子宮頚管炎の症状・原因・治療方法

子宮頚管炎とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 しきゅうけいかんえん 】

子宮頚管炎は、細菌の感染により頚管粘膜に炎症がおこることです。

通常、単独でおこることはまれなことで、多くの場合は膣炎などから上行感染で広がります。

慢性化すると、炎症に持続的刺激により頚管腺の分泌が増し、頚管腺の組織も増殖し、子宮頚部も肥大してきます。

原因

球菌、大腸菌、淋菌、クラミジア、連鎖球菌などの細菌が子宮頚管内に侵入感染することが原因でおこります。

症状

膿性のおりものがみられるようになり、炎症が激しい場合だと周囲にも炎症をおこし、下腹部痛や腰痛、発熱を伴うこともあります。

治療方法

性交を控えるなど、安静にすることが重要です。

薬物療法では、抗生物質をふくんだ膣錠の使用や抗生物質、消炎剤の内服が必要となります。

慢性化した場合は、下腹部痛や発熱を伴うものは入院し、抗生物質の点滴や鎮痛剤などの治療が必要です。