子宮頚管ポリープの症状・原因・治療方法

子宮頚管ポリープとは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 しきゅうけいけかんぽりーぷ 】

子宮頚管ポリープは、子宮頚管の粘膜から発生したいぼ(ポリープ)が膣腔に向かって垂れ下がるものを言います。

大きさは数ミリから2〜3センチのものが多く、そのすべてが良性のものです。

あらゆる年齢層の女性にみられますが、40〜50代の中高齢者にもっとも多く認められます。

原因

細菌の感染によるものが原因とされていますが、はっきりとした原因はわかっていません。

症状

ポリープの大部分は子宮頚管より膣腔に露出し、赤みをおび、血管が豊富でやわらかいため、ちょっとした刺激で容易に出血します。

そのため多くの症状は、おりものの増量と、少量の出血、性交時の出血がみられます。

治療方法

大きいものでなければ、外来で簡単に除去できます。

症状がないからといって放っておくと、いずれ症状がでてきますので摘出しておくのが安心です。
また、中にはポリープ状の頚がんがありますので、摘出したポリープを病理組織的検査をしてもらいましょう。