子宮内膜症(骨盤内子宮内膜症)の症状・原因・治療方法

子宮内膜症(骨盤内子宮内膜症)とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 しきゅうないまくしょう(こつばんないしきゅうないまくしょう) 】

通常子宮内膜は、子宮体部の内面を覆っている組織膜ですが、子宮内膜と同様の組織が、子宮の内面以外の場所や腸、骨盤の中などで作られている状態を、広く子宮内膜症と呼んでいます。

子宮内膜症の中でも問題となるのは、骨盤内に存在している場合のものをさしているため、「骨盤内子宮内膜症」と呼ぶことが多いです。

原因

様々な諸説があるようですが、はっきりとした原因はわかっていません。

症状

子宮内膜症の発生部位や病状の程度によってことなりますが、訴える症状として最も多いのが、「月経時の強い痛み」で、約9割の人はこの症状を訴えています。

これは症状の中でも特徴的で、次第に悪化していく傾向があります。

その他にも下腹部痛、腰痛、肺便通、腹部膨満感、性交痛などもあらわれることがあります。
気をつけたいのは、子宮内膜症は不妊になる確率が高いことが知られていますので、このような症状があらわれたらすぐに産婦人科などで検査を行う必要があります。

治療方法

年齢や病状の程度、将来子供を希望するかどうかによって、治療が分かれますが、基本的には薬物療法と手術療法が行われています。

薬物療法では男性ホルモン誘導体を、症状の改善、手術後の再発予防、妊孕性(にんようせい)の向上を目的として用いられます。
手術療法には、保存手術、準根治手術、根治手術などがあります。
根治手術は卵巣と卵管を取り除く手術のため、薬物療法が無効な重症例や、子供を望まない人に行う手術です。