子宮筋腫の症状・原因・治療方法

子宮筋腫とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 しきゅうきんしゅ 】

子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍です。
腫瘍の95%は子宮の体部に、残りの5%は頚部に発生します。

35歳以上の女性では全体の20%程度を占めており、30〜50歳くらいにはほとんどの場合が発見されています。
通常、閉経後には腫瘍は小さくなります。

原因

女性ホルモンの分泌異常や、環境ホルモン、生活環境、ストレスなどが原因ではないかと考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。

症状

月経の量が多くなったり、期間が延びる、月経期間が短くなる、月経痛と共に、不正出血があらわれます。

その他にも、下腹部痛、貧血、腰痛、牽引痛などもあらわれます。

また、子宮頚部にできた筋腫では、子宮体部にできた筋腫と比べて、尿管や膀胱、直腸などを圧迫しやすいために、排尿困難、頻尿、便秘などの症状が認められます。

治療方法

基本的には手術により筋腫を取り除きますが、筋腫が比較的小さければ無理に手術を行わず、経過をみる場合があります。

症状が重かったり、こぶし大の大きさまで大きくなった場合、不正出血などの出血傾向がひどくなってきた場合には、不妊症や早産、習慣性流産の原因になりますので、手術を行う必要があります。