卵管炎、卵巣炎(子宮付属器炎)の症状・原因・治療方法

卵管炎、卵巣炎(子宮付属器炎)とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 らんかんえん、らんそうえん(しきゅうふぞくきえん) 】

卵管炎、卵巣炎は、卵管が細菌感染によって炎症をおこした状態の事を言います。
通常、卵管炎が発症した反対側の卵巣も炎症がおこることが多いです。
これを卵巣炎と呼びますが、これらを総称して子宮付属器炎と呼んでいます。

原因

連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌、結核菌、淋菌、嫌気性球菌、マイコプラズマ、クラミジアなどが主な原因となって炎症をおこします。

症状

菌の力が強いときには急激に症状があらわれます。
40度にまで及ぶ高熱や下腹部痛、時には吐き気、嘔吐、膿性のおりものが伴うことがあります。

慢性化すると下腹部の鈍痛、月経痛、腹痛、腰痛、排便、排尿痛などがあらわれるようになります。

治療方法

症状が出始めの時は、抗生物質の投与と安静によって経過をみますが、炎症が強いものに関しては、消炎剤や抗生物質で対処します。

慢性化すると卵管や卵巣に腫瘍ができるため、それらを摘出しなくてはならない場合もあります。
卵管炎は周囲の組織に癒着を起こしたり、卵管口をふさぐことによって不妊症となることがよくありますので、初期症状の時からきちんと治すことを心がけたいです。