卵巣嚢腫の症状・原因・治療方法

卵巣嚢腫とは??

分類   【 卵巣・卵管と子宮の病気 】

読み方  【 らんそうのうしゅ 】

卵巣嚢腫は、卵巣にできる良性の嚢胞性腫瘍の事です。
30〜40歳代の女性に多く発症し、他の主要に比べて大きくなる傾向が強い腫瘍の一つです。

原因

もともと人体の臓器の中でも卵巣には様々な種類の腫瘍ができやすい臓器です。

しかしながら何故そのような腫瘍ができるかというのは、すべてが明らかにされておらず、はっきりとした原因はわかっていません。

症状

液状成分が溜まった腫瘍ができて、卵巣が大きくなります。

よほど特殊な出来方をしないかぎりはほとんどの場合は無症状で経過します。

ある程度まで大きくなるとはじめて、下腹部にしこりを感じたり、膨満感、違和感などを感じます。
時には軽い下腹部痛などの症状もあらわれます。

中には卵巣嚢胞が感染をおこしたり、ねじれたり破裂したりすると、激しい下腹部の痛みや嘔吐などを伴うことがあります。

治療方法

ねじれたり感染を起こすと激しい痛みがおこりますので、通常は手術にて摘出します。

目安となる大きさは7センチ以上で、この大きさ以上になると手術の対象です。