乳腺線維腺腫の症状・原因・治療方法

乳腺線維腺腫とは??

分類   【 乳房の病気 】

読み方  【 にゅうせんせんいせんしゅ 】

乳腺線維腺腫は、乳腺に発生する良性の腫瘍です。
特に10代後半から30代の比較的若い年齢層の女性に多くみられます。

原因

思春期以降に発症することが多いことから、卵巣ホルモンの異常で女性ホルモン、エストロゲンの過剰分泌が原因ではないかと考えられています。

症状

あずき大からくるみ大ぐらいの大きさのしこりができます。
球形または楕円形の形で、弾力性に富み、表面はなめらかで周囲の組織との境界ははっきりしているため、よくわかります。

痛みは伴いませんが、このしこりは徐々に、時には急激に大きくなります。

治療方法

局所麻酔のもとで、しこりを完全に摘出します。
10〜20分程度の簡単な手術で、傷跡もほとんど残りません。