智歯周囲炎の症状・原因・治療方法

スポンサードリンク

智歯周囲炎とは??

歯と歯肉・あごの病気

分類   【 歯と歯肉の主な病気 】

読み方  【 ちししゅういえん 】

智歯周囲炎は、一般的に「親しらず」と呼ばれている智歯が生え、その周囲が細菌の感染によって炎症をおこすことをいいます。

原因

智歯というのは、他の歯がある程度生え揃った後にできるため、歯の生える余地が十分ではありません。そのため正常に生えなくなり、曲がったり、半分埋まった状態で生えてきます。

不規則に生えたために歯肉弁ができやすく、その他の正常な歯肉よりも細菌が入りやすくなります。
細菌が入り込むと、そこから細菌が増殖し、体の抵抗力が低下したときなどに化膿します。

そのために周囲の歯肉に炎症を起こすわけです。

症状

リンパ節の腫れや、痛みがあらわれます。

上顎にできた場合は、耳のまわりまでうずくようになり、進行すると発熱を伴います。

下顎にできた場合は、口が開けられないほどの痛みがあらわれます。

治療方法

智歯が痛み出したら、病院に行く前にうがいなどして口の中をできるだけ清潔にします。

そして歯科医にかかり、抗生物質を処方してもらったり、場合によっては智歯を抜いてもらうなどしてもらいます。

スポンサードリンク