歯肉炎の症状・原因・治療方法

歯肉炎とは??

分類   【 歯と歯肉の主な病気 】

読み方  【 しにくえん 】

歯肉炎は、歯肉に炎症がおきている状態の事で、歯周病の中でも最も初期段階のものです。

原因

食べ物を食べた後に、歯磨きをせずに放っておくと、歯垢の中の細菌が増殖してすることが原因でおこります。

症状

初期段階であれば、「単純性歯肉炎」と言い、歯肉の縁が赤く腫れたり、ブラッシングなどで出血することがあります。

「急性壊死性潰瘍性歯肉炎」と言う段階になると、歯肉がただれたり、触るとズキズキと痛み、強い口臭などがあらわれるようになります。

治療方法

重度な場合だと歯肉炎は完全な治療が難しい病気です。
なので、歯肉炎にならないように予防することが大切でしょう。

現在では治療の基本として、スケーラーと呼ばれる専用器具を用いた方法で歯垢が除去できます。

常時口の中を清潔に保つための口内洗浄を行うのも、基本的な予防法となります。