虫歯(う蝕)の症状・原因・治療方法

虫歯(う蝕)とは??

分類   【 歯と歯肉の主な病気 】

読み方  【 むしば(うしょく) 】

虫歯(う蝕)は、食べ物に含まれる糖質が主な原因により、口腔内がストレプトコッカス・ミュータンス菌におかされ、歯のエナメル質が溶けることでおこる病気です。

原因

食べ物や歯垢、歯質の中に含まれた酸産生菌やストレプトコッカス・ミュータンス菌などにおかされることが原因でおこります。

特に食べ物の糖質が関係しているケースが多く、甘いものを食べた後にそのまま放置していると、菌の増殖が早くなりやすいです。

また、歯並び等でかみ合わせが悪い事が原因でもおこりやすくなります。

症状

初期の段階では歯のエナメル質が溶ける程度で、痛みを感じる事は少ないですが、溶解が歯髄にまで達した場合、ズキズキと歯の中がくる痛みや神経痛があらわれます。

さらに進行すると患部周囲が腫れ、熱感や発熱まであらわれることがあります。

治療方法

まずは食べ物を食べた後には正しい歯磨きやブラッシングなどを十分に行い、予防をすることが大切です。

万が一進行が進んだ場合は、一時的に鎮痛剤や化膿止めを使用し、最悪の場合は抜歯となります。