火傷(熱傷)の症状・原因・治療方法

火傷(熱傷)とは??

分類   【 やけど、日焼け、しもやけ 】

読み方  【 やけど(ねっしょう) 】

火傷(熱傷)は、皮膚に高温が作用したために起こる皮膚傷害です。

やけどの程度は、原因となるものの温度(電気ではその強さ、化学薬品ではその毒性)や接触時間、やけどの範囲で決まります。
したがって、低温やけどのように、温度が低くても長時間皮膚に接触している場合でも軽症とはいえない場合もありますので、程度には十分に注視する必要があります。

原因

皮膚に高温や毒物、電気など皮膚に刺激の強いものが接触することが原因でおこります。

症状

T度熱傷
発赤と腫れがみられます。多少の痛みを伴いますが、通常は数時間から数日で跡を残さず治ります。医療の対象とはなりません。


U度熱傷
皮膚が赤みと水泡がみられます。痛みを伴いますが、感染をおこさなければ深くても3〜4週間で跡を残さず治ります。

V度熱傷
皮膚の深いところにまで及ぶ熱傷なので、受傷部は白くなってひどい時には焦げています。痛みを感じる神経も焼け死んでいますので痛みは感じません。
受傷部の皮膚は焼け死に落ちてしまうので、治りますが跡が残ってしまいます。

治療方法

やけどの程度にもよりますが、意識がない、呼吸ができない、ショック症状をおこしていれば、生命の危険があります。

救急車が呼べない場合は、応急処置を行いましょう。
水でぬらした清潔な布で覆って、冷やしながら、無理に動かさないようにして救急病院に運ぶことが重要です。