とびひ(伝染性膿痂疹)の症状・原因・治療方法

とびひ(伝染性膿痂疹)とは??

分類   【 細菌感染による皮膚の病気 】

読み方  【 とびひ(でんせんせいのうかしん) 】

とびひ(伝染性膿痂疹)は、皮膚の浅い部分に化膿菌がつくことで、赤いただれとかさぶたが体中にできる皮膚炎です。

特に、夏場に幼・小児に多くみられます。

感染があらわれた部分に触れたりすることで、自分自身であちこちに細菌をばらまくだけでなく、他人にうつったりしますので「とびひ」と呼ばれるわけです。

プールや乳幼児保育施設などでの感染が多くみられるので、注意が必要です。

原因

黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、あるいは両方が同時に感染することが原因でおこります。

症状

浅い透明な水疱、周囲に発赤があらわれます。
原因菌にもよりますが、疼痛や発熱など全身症状を伴うこともあります。

他人に感染するので、プールや入浴などの公共施設には注意が必要です。

治療方法

抗生物質の内服薬と外用薬で簡単に治りますので、早期治療が大切になります。