わきが(腋臭症)の症状・原因・治療方法

わきが(腋臭症)とは??

分類   【 汗の異常 】

読み方  【 わきが(えきしゅうしょう) 】

わきが(腋臭症)は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強いにおいを発する病気です。
本来は無臭なのですが、皮膚に駐在する細菌により分解されてできる(低級低脂肪酸)がにおいを出しています。

原因

アポクリン腺から分泌される汗が、皮膚に駐在する細菌により分解されて出てくることが原因です。

症状

運動時などでかく汗のすっぱいような臭いとは違い、ネギや鉛筆、ひどい場合はゴミステーションのような臭いを発します。

案外患者本人が気付くことが少なく、周りにいる人のほうが気付くことが多いです。

治療方法

腋毛を処理したり、制汗剤を使い汗の分泌をおさえることで多少の効果はあるようですが、臭い自体が全くなくなることではありません。

手術によって毛根と感染を切除する方法もありますが、脇を縫い縮めることによる傷が残り、ときには腕の運動が制限されてしまうこともありますので、皮膚科や整形外科専門医に十分相談する事が必要です。

根本的に治す治療方法はありません。