帯状疱疹神経痛の症状・原因・治療方法

帯状疱疹神経痛とは??

分類   【 水ぶくれ(水疱) 】

読み方  【 たいじょうほうしんしんけいつう 】

帯状疱疹神経痛は、帯状疱疹の皮膚症状が治っても、神経痛だけがいつまでも続く症状のことを言います。

特に50歳以上の高齢者では帯状疱疹神経痛になりやすく、症状が数ヶ月から数年以上にわたって痛みが毎日続くため、日常生活に支障をきたしてしまいます。

帯状疱疹から帯状疱疹神経痛へ移行する人は10%程度と少ないですが、年齢が高くなるにつれて発症率も高くなっていきます。

原因

帯状疱疹が治った後でも神経痛だけが残ることが原因です。

症状

赤い発疹とともに、電気が走ったようなビリビリとした神経痛のような痛みがあらわれます。

症状は毎日続き、数ヶ月から数年にわたって継続的おこります。

治療方法

神経ブロック、内服療法、レーザー療法、針治療など様々な治療法が行われますが、1年以上症状が改善されない場合にはほとんど効果がないと言われています。

完治するのが難しい病気です。