単純疱疹(単純ヘルペス)の症状・原因・治療方法

単純疱疹(単純ヘルペス)とは??

分類   【 水ぶくれ(水疱) 】

読み方  【 たんじゅんほうしん(たんじゅんへるぺす) 】

単純疱疹(単純ヘルペス)は、単純ヘルペスウイルスの感染によって水ぶくれがあらわれる病気です。

原因

単純ヘルペスウイルスが身体のいたるところに感染することが原因でおこります。また、老齢、風邪やストレス、月経や心労などで体調が悪くなるとウイルスが再度活性化して、前と同じ場所にまた小さな水ぶくれをつくってしまいます。。

症状

指先や目の周り、口元、外陰部など身体のどこにでも小さな水ぶくれができます。
小さな水ぶくれはいくつか固まってみられることもあり、できてからしばらくは痛みとかゆみが伴ってあらわれます。

2週間くらいで自然に治ることもあります。

治療方法

外用薬や消炎鎮痛剤などの内服などが行われますが、基本的には本人の体内で抗体が形成されるのを待ちます。

抗ウイルス薬の内服、外用することで比較的短期間で完治します。