じんましんの症状・原因・治療方法

じんましんとは??

分類   【 全身のかゆみ 】

読み方  【 じんましん 】

じんましんは、かゆみが強く、皮膚が赤く少し盛り上がり、毛穴が広がり、はっきり見えるような状態で、それが数時間から半日くらいで消える症状の皮膚炎の事です。

1ヶ月以上毎日のようにつづく場合は慢性じんましんとなります。

大ききさは、2〜3ミリくらいから手のひら以上の大きさのものや、形は丸いものから不規則な地図のようなものまで様々です。

原因

アレルギー反応による場合と、非アレルギー性の場合とがあります。

一般的にアレルギー反応によるじんましんの場合は、食品や薬、その他吸引抗原、感染症の病巣などの体内に入るものによるものが原因でおこります。

症状

皮膚に、2〜3ミリくらいから手のひら以上の大きさのものや、丸いものから不規則な地図のようなものまで様々な赤い盛り上がりや、強いかゆみがあらわれるのが特徴的な症状です。

治療方法

原因がみつかればその治療や除去を行い、その摂取を制限する必要があります。
しかし、その原因が見つかるまでは薬物療法が必要になります。

最も一般的には抗ヒスタミン薬の内服薬、外用薬、抗アレルギー薬、血管拡張を押さえるための冷却用のローションなどが用いられます。