皮膚掻痒症の症状・原因・治療方法

皮膚掻痒症とは??

分類   【 全身のかゆみ 】

読み方  【 ひふしっしんしょう 】

皮膚掻痒症は、皮膚には異常や病気がみられないにもかかわらず、かゆみがでる病気です。

しかしながら、実際にはかゆみのためにひっかいてひっかき傷をつくったり、湿疹化したり、時には傷が化膿したりするなど、皮膚の変化を起こすことがよくあります。

全身のあちこちがかゆくなる皮膚掻痒症を「全身性皮膚掻痒症」と言い、外陰部や肛門の周囲などにかゆみがおこる皮膚掻痒症を「限局性皮膚掻痒症」と言います。

原因

全身性皮膚掻痒の10〜50%は、甲状腺機能低下症、慢性の腎臓病、肝臓病、血液の病気、甲状腺機能亢進症、糖尿病などの内蔵の病気が原因でおこる人が多いです。

限局性皮膚掻痒症の場合は、真菌や寄生虫などの感染が原因でなることが多いです。
また、脱肛、痔、前立腺肥大なども原因となります。

症状

皮膚には何もできていないのに、全身的にかゆみがおこったり、陰部などに局部的なかゆみが症状としてあらわれます。

治療方法

かゆみをとめる内服、あるいは外用薬や気持ちを安静にする内服薬が使われます。

湿疹ができているようだったら、副腎皮質ホルモン外用薬も使います。