あせも(汗疹性湿疹)の症状・原因・治療方法

あせも(汗疹性湿疹)とは??

分類   【 湿疹・皮膚炎 】

読み方  【 あせも(かんしんせいしっしん) 】

あせも(汗疹性湿疹)は、大量の汗をかいても蒸発もできず、皮膚面へもなかなか流れ出にくいようなとき、汗の出口や導管がつまることで、汗が皮膚の中に溜まることによって起きる湿疹です。

原因

体質的な要素がありますが、高温多湿の環境や高熱のための体温上昇による過剰な発汗が原因となります。

症状

赤みにない小さな水疱がたくさんみられる「水晶様汗疹」と、かゆみを伴い、わきの下や首のまわりなどこすれあう部分を中心に、かゆみを帯びた小さな水泡が多発する「紅色汗疹」とがあります。

一般的にあせもとして問題視されているのは、紅色汗疹です。

治療方法

湿疹、皮膚炎の治療と同じく、症状に応じた外用薬(ステロイド外用薬)や内服薬(抗ヒスタミン剤)を使います。

あせもは予防も大切で、汗をかいたらすぐに洗うなど、皮膚を常に清潔に保つことが重要です。