慢性呼吸不全の症状・原因・治療方法

慢性呼吸不全とは??

分類   【 呼吸不全 】

読み方  【 まんせいこきゅうふぜん 】

慢性呼吸不全は、若い頃に肺を切除をした人や肺結核を患ったり、肺気腫、慢性気管支炎等、肺における病気を患った人というのは、慢性的な低肺機能をもたらします。

これらの病気はゆっくりと進行し、最悪の場合呼吸不全に陥ることがあります。

このような呼吸不全というのは、急性的におこる呼吸不全とは対処が違うため、慢性呼吸不全と呼ばれています。

原因

これ以下による呼吸機能の低下や、肺疾患を患った後の肺機能の低下によって引き起こされます。

症状

おもな症状として、運動時の息切れです。

ただし、この息切れが呼吸不全となるわけではなく、段階にわけ、簡単な運動時に起こる息切れと、「着替えや、トイレに行くだけでも息苦しい」と生活に支障をきたす息切れなどに分けられます。

治療方法

慢性呼吸不全の治療は基本的に在宅酸素療法を行います。

肺性心であれば、利尿剤や強心剤が用いられることもあります。