横隔膜ヘルニアの症状・原因・治療方法

横隔膜ヘルニアとは??

分類   【 横隔膜・縦隔の病気 】

読み方  【 おうかくまくへるにあ 】

横隔膜ヘルニアは、胸腔内に腹腔臓器が入り込む病気です。

横隔膜には、食道、大動脈、大静脈が通る孔(あな)があります。
横隔膜ヘルニアは、正常な孔(あな)を介して、腹腔が胸腔内へと脱出してくる状態になります。

原因

外傷性と非外傷性横隔膜ヘルニアに分類されます。

交通事故など、強い外力が加わって横隔膜が破裂したり損傷をうけておこるのは外傷性ヘルニアです。

妊娠、肥満、腹水貯留など、腹腔内圧が上昇する状態が原因としてなるのを食道裂孔ヘルニア(非外傷性ヘルニア)と言います。

症状

ヘルニアの種類によって変わりますが、胸焼け、みぞおち部分の痛み、嚥下困難などが訴えられます。

治療方法

外科的治療の必要性について判断しなければなりません。