膿胸の症状・原因・治療方法

膿胸とは??

分類   【 胸膜の病気 】

読み方  【 のうきょう 】

膿胸は、胸腔内に直接細菌が感染し、膿性の胸水が貯留した状態の事を言います。

防御機能の低下している高齢者の場合の発症は、重要な病気とされています。

また経過が3ヶ月以内のものを急性型、それ以上のものを慢性型と分類しています。

原因

結核菌に感染して起こることが一番多く、グラム陽性球菌や陰性柑菌などの細菌も原因となります。

症状

急性期にもっとも多くみられるのは、せき、発熱、胸痛などがありますが、症状がなく経過するケースもみられています。

治療方法

原因菌検査と、薬剤感受性検査を行い、有効な抗生物質の注入を行います。
カテーテルを挿入して、持続的に膿性胸水を排液しし、洗浄を行うと共に薬剤を反復注入します。

根本的に治すのであれば手術が必要となります。