胸膜炎の症状・原因・治療方法

胸膜炎とは??

分類   【 胸膜の病気 】

読み方  【 きょうまくえん 】

胸膜炎は、肋膜炎ともいい、胸膜に炎症が起こり胸水の量が増えて胸腔に胸水がたまった状態の病気です。

原因

様々な最近やウイルス、病気の進行によって引き起こされます。

結核菌、肺におこった細菌感染、ウイルス感染などがそれに辺り、心不全、肺梗塞、がん、結核の病気の進行によっても胸膜炎を引き起こします。

症状

胸水が貯留すると、ほとんどの方々は呼吸困難や胸痛を訴えます。

また原因によっては発熱することも多く、せきやたん、血痰、体重減少も症状の一つです。

治療方法

主に原因疾患に対して行われ、結核や細菌感染に伴う場合にはそれぞれに有効な抗生物質で治療がされます。

膠原病が原因となるならば、副腎皮質ホルモン剤が用いられます。