肺血栓塞栓症、肺梗塞症の症状・原因・治療方法

肺血栓塞栓症、肺梗塞症とは??

分類   【 肺血管性の疾患 】

読み方  【 はいけっせんせんそくしょう、はいこうそくしょう 】

肺血栓塞栓症は、肺血管内に血栓が形成されて、その先の血流を止めてしまう病気です。

肺梗塞症は、下肢の静脈などほかの部位で形成された血栓や腫瘍細胞塊などが体静脈を通り、肺動脈に入ってつまり、血流が完全に止まってしまう病気です。

原因

下肢の深部静脈に出来た血栓がはがれて、静脈内を流れ肺動脈に達しそこで詰まります。
血管内皮細胞障害、血液の停滞、血液の過凝固状態などが原因で発病します。

症状

身体を動かすときに息切れをする程度というだけの時もありますが、胸痛、せき、呼吸困難、血痰、さらには不安感なども伴うことがあります。

重症化すると失神、チアノーゼ、ショックがみられます。
症状が強ければ強いほど緊急の処置が必要となるでしょう。

治療方法

診断がつきしだい早急に血栓溶解薬と、抗凝固薬を静脈内に注射します。

状況に応じて酸素吸入や利尿薬が必要となり、塞栓が大きい場合には手術を要することもあります。