口角炎(口角びらん)の症状・原因・治療方法

口角炎(口角びらん)とは??

分類   【 口腔と舌の病気 】

読み方  【 こうかくえん(こうかくびらん) 】

口角炎(口角びらん)は、両側に口の端に亀裂やただれ、潰瘍ができてかさぶたがついた状態の事を言います。

一度できると再発する確率は非常に高いです。

口角部の皮膚が唾液によって侵軟され、そこにウイルスやカンジダ等の真菌、梅毒の感染することでおこります。

原因

カンジダや梅毒、ウイルスや細菌の感染、ビタミンB2欠乏、アトピー性皮膚炎、糖尿病、消化器系疾患、鉄欠乏性貧血などが原因でおこります。

症状

黄色のかさぶたがあらわれ、口の開けると痛み、神経痛を伴います。

治療方法

局所の消毒程度で治ることが多いですが、症状の度合いによっては抗生物質が必要になる場合があります。