アジソン病の症状・原因・治療方法

アジソン病とは??

分類   【 副腎の病気 】

読み方  【 あじそんしょう 】

アジソン病は、両側の副腎の皮質が壊され副腎皮質ホルモンの分泌量が低下する病気です。

40〜50歳代の男性に多くみれられる病気で、慢性化する事が多いのが特徴の病気です。

原因

特発性によるものが4割、結核性が原因によるものが3割程度です。

症状

疲れやすくなったり、ストレスに弱くなり、脱力感も強くなります。
また、体調を崩しやすくなるので、ちょっとしたことで風邪を引いたりします。

性ホルモンの分泌量も低下しますので、男性では精力の低下、女性では陰毛やわき毛が抜ける症状もあらわれます。

治療方法

まずは血液中の副腎皮質ホルモンの測定が重要です。

その上で不足しているホルモンを、ホルモン薬で補っていきますが、慢性化するのでほぼ一生の間飲まなければなりません。