バセドウ病の症状・原因・治療方法

バセドウ病とは??

分類   【 甲状腺・副甲状腺の病気 】

読み方  【 ばせどうびょう 】

バセドウ病は、甲状腺の昨日が活発になりすぎるため。甲状腺ホルモンが過剰につくりだされるために、甲状腺が全体的にはれる病気です。

20代〜30代の女性に多い自己免疫疾患の一つです。

原因

はっきりとした原因はわかりませんが、血液中に甲状腺を異常に刺激する物質ができ、それによって発病します。

症状

首の前方の中央下にある甲状腺は、蝶が羽を広げた形をしていますが、その甲状腺がそのままの形で腫れます。
さらには皮膚の黒ずみ、目つきが鋭くなる、指先が震える、全身が震える、体重減少、全身がかゆくなるなどの症状もあらわれます。

発病すると比較的急速に症状があらわれます。

治療方法

甲状腺ホルモンの合成を抑制する薬物療法、放射性ヨードを服用するアイソトーブ療法、甲状腺を部分的に切除する手術するなど、3種類の治療方法があります。