ビタミンの過剰症の症状・原因・治療方法

ビタミンの過剰症とは??

分類   【 栄養障害による病気 】

読み方  【 びたみんのかじょうしょう 】

ビタミンの過剰症は、ビタミンを取りすぎるためにおこる状態です。

通常普通の食生活をしている限り、ビタミンの過剰摂取はまずおこりません。
ただし、特定の食品を摂りすぎたり、ビタミン剤の飲みすぎなどによっては生じることもあります。

ビタミンB郡、Cなどのビタミンは「水溶性ビタミン」と呼ばれ、水に溶ける特徴がありますので過剰摂取しても、尿によって排泄されます。
しかし、ビタミンA、D、Kは「脂溶性ビタミン」と呼ばれ、水には溶けません。そのため過剰に摂取すると肝臓や身体の脂肪組織に蓄積されるので過剰症をおこします。

原因

ビタミン剤や、特定の食品を摂りすぎたりすることが原因でおこります。

症状

過剰ビタミンによって症状もかわります。

  • ビタミンA過剰症…頭痛、嘔吐、皮膚、粘膜の剥奪、疲労、骨障害、筋肉痛などがあります。
  • ビタミンD過剰症…全身倦怠感、嘔吐、多尿、便秘、口渇、精神抑うつなどがあります。
  • ビタミンK過剰症…呼吸困難、皮膚水泡などがあります。

治療方法

食生活の改善によって多くは軽快します。