ビタミンの欠乏症の症状・原因・治療方法

ビタミンの欠乏症とは??

分類   【 栄養障害による病気 】

読み方  【 びたみんのけつぼうしょう 】

ビタミンというのは、1日あたりの必要摂取量がミリグラム単位、マイクログラム単位という微量なものです。

体内ではこれらを必要量に応じて合成できなかったり、全く合成できなかったりするために、通常の食事や場合によってはビタミン強化食品、ビタミン剤などの形で外から取り入れなければなりません。

そのためビタミンというのは、常に欠乏する恐れがあります。
このビタミンが欠乏した状態の事をビタミンの欠乏症と言います。

原因

不摂生な食生活が原因でおこるのが多数をしめます。

とくに、ファーストフード類を好む人、不規則な生活をしている人、清涼飲料水が多く摂取する人、偏食の経口が強い人はそれにあたるので注意しましょう。

またストレスを過剰に感じたりする精神的要因も、ビタミンを不足させる原因となります。

症状

疲労感、全体倦怠感、食欲不振などが現れます。

治療方法

まずは食生活の見直しが重要です。

ビタミン剤やビタミン強化食品などを用いることも治療になりますが、食生活の改善する努力を心がけ、ビタミンの多い食事、規則的な食事をとるようにすることが最も重要です。