小児肥満の症状・原因・治療方法

小児肥満とは??

分類   【 栄養障害による病気 】

読み方  【 しょうにひまん 】

小児肥満は、子供が肥満状態になることです。

子供の肥満の大多数はもとになる病気がなく、単に摂取エネルギーが消費エネルギーをうわまった結果、余分エネルギーが体内に過剰に蓄積された状態であると定義されています。

しかし、この場合なぜ食べ過ぎるのか、同じように食べているのになぜ一部の人だけが太っていくのか、ということも考えられます。

原因

摂取エネルギーが消費エネルギーをうわまった結果、余分エネルギーが体内に過剰に蓄積された状態が原因で起こることを、単純性肥満と言います。

症状

症状は特にありません。

治療方法

大人の肥満治療とは違い、子供の肥満は発育期・成長期の肥満であることも考えられます。
成人の肥満治療で行われているような極端な減食療法を、成長期の子供の肥満に適用することは絶対に避けなければなりません。