糖尿病の症状・原因・治療方法

糖尿病とは??

分類   【 代謝異常による病気 】

読み方  【 とうにょうびょう 】

糖尿病は、膵臓で作られているインスリンという物質が不足している場合や、インスリン自体の作用が不足することで、血液中のブドウ糖が異常に増加するためにおこる病気です。

生体が生きていくために、血液中にブドウ糖が必要です。
この血液中のブドウ糖のことを血糖と呼びます。

ブドウ糖はご飯などの糖質を摂取したり、肝臓で必要に応じて生成され、筋肉や脳の様々な細胞で利用され、エネルギー源として大きな役割を果たしています。

原因

糖尿病はこの血糖値の異常上昇でおこりますが、この血糖値の上昇は大きく2つの原因でおこります。
ゆえに糖尿病は大きく2つのタイプに分けられます。

1つは、インスリン不足による糖尿病。
インスリンはブドウ糖をエネルギー源として、全身に利用するための物質です。
このインスリンが膵臓の機能異常やなんらかの原因によって正常に機能しないことが原因で、血液中のブドウ糖が異常に上昇していまいます。

2つ目は、運動不足や食生活の不摂生によるものです。
近年生活が便利になったことで、食生活が豊かになった上、運動不足によって肥満者が増えました。
肥満になるとインスリンの作用が低下するため、糖尿病を引き起こす原因となります。

症状

初期段階では症状が全くありません。

病気が進むにつれて、全身倦怠感、体重減少、喉の渇き、食欲亢進、多尿・頻尿などの症状が出始めます。

また、糖尿病を放っておくことで、様々な合併症を起こします。
中には生命に危険を及ぼす合併症もありますので、十分な注意が必要です。

治療方法

基本的に糖尿病を治すには、食事療法・運動療法が必要です。

食事療法では、以下の点に気をつけましょう。

  • カロリーの高い食事を避ける。
  • 量を食べ過ぎない。
  • 栄養素のバランスを考えた上で、多くの種類の食品を摂る。

運動によって汗をかくことで血糖値は下がります。
しかし、血糖値を下げようとして強い運動をするのは危険です。
特に、腎臓や心臓、動脈硬化の症状がすすんでいる患者の場合は症状が悪化する恐れがありますので、運動は通常脈拍数の2倍以上にならないように心がける事が重要です。