インポテンスの症状・原因・治療方法

インポテンスとは??

分類   【 陰茎の病気 】

読み方  【 いんぽてんす 】

インポテンスは、男性の陰茎が十分に勃起できないために女性の膣内に挿入できない、あるいは、たとえ挿入したとしても、勃起状態を維持できないを言います。

原因

大きく分けて3つの種類があり、それぞれに原因も違ってきます。

  • 器質的インポテンス…内分泌疾患、神経疾患あるいは骨盤のがんの手術後などのように、なんらかの器質的な要因によるものです。
  • 機能的インポテンス…勃起機能をもっているにもかかわらず、精神的、心因性が要因でインポテンスになるものです。
  • 混合型…糖尿病とかお年寄りのように、器質的と機能的の療法の要素を含んでおこる場合のものです。

症状

勃起が正常に行われなくなります。

治療方法

機能的インポテンスでは環境の調整、性教育、心理カウンセリングによってストレスを取り除くことが必要となります。

近年では、バイアグラが安全かつ有効な性的不能治療薬として用いられます。性交の約1時間前に服用すると,患者が性的に興奮し,刺激を受けるときに作用します。