神経性頻尿の症状・原因・治療方法

神経性頻尿とは??

分類   【 排尿異常 】

読み方  【 しんけいせいひんにょう 】

神経性頻尿は、頻尿を起こしている原因が、検査によっても原因が全くわからない場合のものを言います。


■■ 頻尿 ■■

夜中に何度もトイレに行く、一日に何度も尿意を感じる症状の事です。

1日に10回以上、もしくは1晩に2回以上トイレに行く場合は頻尿であることが考えれます。

原因

一般的に多く知られている頻尿は、膀胱炎などで膀胱の知覚が亢進している場合、膀胱の容量が小さくなる場合、糖尿病などで尿量が増えた場合などたくさんの原因が考えられます。

神経性頻尿の原因は、様々な検査をしても原因が全くわからないものもあります。

症状

水分の大量摂取がないのに、排尿回数が増えます。

治療方法

抗コリン剤や精神安定剤などの薬物療法と、意識的に排尿を我慢するトレーニングなどが行われますが、精神的な要因が関係していることも多いので、なかなか治りにくい頻尿です。