急性腎不全の症状・原因・治療方法

急性腎不全とは??

分類   【 腎不全 】

読み方  【 きゅうせいじんふぜん 】

急性腎不全は、腎臓への血液供給量が減少するような状態や、尿路のどこかで尿の流れが妨げられるような状態が原因で、腎臓の機能が急激に停止してしまう病気です。

原因

腎不全は以下のような原因でおこります。

  • 腎性腎不全…薬物中毒等で、腎臓に劇症腎炎がおこったり、腎臓の尿細管や小血管が閉塞することでおこる腎不全です。
  • 腎前性急性腎不全…心筋梗塞などで心臓のポンプ機能が低下して心臓から送り出される血量が減る事で、腎臓に十分な血液が流れてこないことによっておこる腎不全です。
  • 腎後性腎不全…尿管や膀胱で尿がつまることでおこる腎不全です。

症状

足や足首が腫れ、顔や手がむくみ、せきがでたり呼吸困難に陥ったりします。
老廃物が体内にたまってしまうと、吐き気や食欲不振、嘔吐等の消火器症状があらわれ、さらに進行すれば、意識障害、けいれんなどの重い神経症状があらわれます。

治療方法

出血や心臓血管系が原因でおこる腎前性のものでは、ただちに輸血や輸液を行い、強心剤の投与などを用います。

結石などでおこる場合には、手術によって原因を除去する必要があります。

もともと腎臓病があって起こった場合は、透析療法が行われます。