糖尿病性腎症の症状・原因・治療方法

糖尿病性腎症とは??

分類   【 続発性腎臓病 】

読み方  【 とうにょうびょうせいじんしょう 】

糖尿病性腎症は、糖尿病に伴う全身の血管障害が原因となって起こる腎障害です。

原因

糖尿病では、全身の血管に障害がおこります。十分に治療されていないと、糖尿病の経過と共に腎臓の糸球体の血管にも障害があらわれてきます。通常は糖尿病を患ってから10年以上経過してからあらわれてきます。

症状

初期段階ではたんぱく尿が出てきます。
進行することによって、尿たんぱくの量も増えてきます。こうなると血液中のたんぱくも減少して、ネフローゼ症候群となり、強度の全身倦怠感、皮膚の蒼白化や無気力、食欲不振、腹水・胸水等もあらわれるようになります。

治療方法

原因が糖尿病であるために、糖尿病をきちんとコントロールすることが予防となり治療の基本ともなります。

食事療法と薬物療法が中心となりますが、食事療法では糖尿病を意識してタンパク質の量増大、エネルギー制限です。

薬物療法では、インスリンや抗糖尿病薬を用いてしっかりと糖尿病をコントロールするように気をつけます。