膀胱炎の症状・原因・治療方法

膀胱炎とは??

分類   【 尿路の感染症 】

読み方  【 ぼうこうえん 】

膀胱炎は、膀胱内に細菌が進入することで、膀胱が炎症を起こした状態を言います。

一般的に女性に多くみられる病気で、一度発症すると再発しやすい病気です。

原因

細菌が外界から尿道をさかのぼって膀胱内に進入しておこりますが、原因となる菌の中で最も多いのが大腸菌です。
女性は尿道が短いので菌が進入しやすく、発症しやすいです。

慢性化することが多いですが、この場合はほかの誘引となる病気があるかどうか検討しなければなりません。

症状

一般的に多くあらわれる症状は、尿が近くなる、残尿感、排尿時に辛い痛み、血尿、尿のにごり、さらには高熱、腎盂腎炎やなども併発する恐れがあります。

治療方法

大腸菌など一般細菌による膀胱炎の場合は、抗生物質や尿路消毒剤を、結核菌による膀胱炎では、抗結核菌剤を用いるようにします。

これらの治療で早く症状はとれますが、症状がなくなったからといって治療をやめると、再発や慢性化の原因になります。