ネフローゼ症候群の症状・原因・治療方法

ネフローゼ症候群とは??

分類   【 腎炎、ネフローゼ 】

読み方  【 ねふろーぜしょうこうぐん 】

ネフローゼ症候群は、腎臓の働きの低下によって、多量のタンパクが尿中に常時排泄されることによって、血液中のタンパクが極度に不足(低たんぱく血症)したり、高度なたんぱく尿などの病的状態を総称したものです。

原因

これらの病気にかかる原因となる病的状態は、大きく2つにわけられます。

一つは、腎臓の糸球体に病変のある場合で、要するに、原発性糸球体疾患でネフローゼ症候群がおこるもので、原発性ネフローゼ症候群と呼ばれています。

もう一つは全身性疾患が糸球体に障害を及ぼしておこる続発性ネフローゼ症候群とよばれます。

症状

多くの場合初期症状としてむくみがあらわれます。
その他、強度の全身倦怠感、皮膚の蒼白化や無気力、食欲不振、腹水・胸水等もあらわれるようになります。

治療方法

むくみをとるのに、利尿薬がよく用いられます。
利用薬は腎尿細管に働いて、水とナトリウムを尿中に排泄するものを促進させます。
その他にも、副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤なども使われます。