プール熱(咽頭結膜熱)の症状・原因・治療方法

プール熱(咽頭結膜熱)とは??

分類   【 子供の感染症 】

読み方  【 ぷーるねつ(いんとうけつまくねつ) 】

プール熱(咽頭結膜熱)は、アデノウイルスという微生物が、接触感染によっておこる感染症です。
流行時期は、夏から秋にかけてで、主に小学生がかかりやすいと考えられています。

アデノウイルスに汚染されたプールの水から感染することが多いためにプール熱と呼ばれています。

原因

アデノウイルスという微生物が、接触感染によっておこることが原因です。

症状

約5〜6日間の潜伏期間を経て、38〜40度の高熱が4〜7日間続きます。
頭痛、吐き気、下痢、鼻水、寒気、食欲不振などを伴うこともあります。
喉は赤く腫れ、4〜5日間痛みます。

目は赤く充血し、痛みや目ヤニ、目を開けているのがつらくなることもあります。

治療方法

ウイルスに直接効く薬はありませんので、炎症や発熱に対する対症療法が中心となります。

高熱が3日以上続いたり、ぐったりしている時にはすぐに専門医に診てもらいましょう。