風疹(3日ばしか)の症状・原因・治療方法

風疹(3日ばしか)とは??

分類   【 子供の感染症 】

読み方  【 ふうしん(みっかばしか) 】

風疹(3日ばしか)は、風疹ウイルスが原因でおこる感染症です。

流行時期は、春先から初夏にかけてで、患者の唾液などが飛び散ったことなどによってうつります。

特に5〜9歳の子供が多く感染します。

通常、風疹にかかると一生免疫が出来るため、2度とかかることはありませんが、再度感染した例も報告されています。

原因

風疹ウイルスが、患者の唾液などが飛び散ったことなどによってうつります。

症状

2〜3週間の潜伏期間を経て、発疹が出始めます。
発疹は1〜2日のうちに全身に広がります。

微熱や喉の痛み、頭痛、せきなどがあらわれます。

「3日ばしか」と呼ばれているように、発疹は3日前後で綺麗に消えることが多いです。

治療方法

合併症を伴わなければ、比較的症状も軽く、治りもよいので、特別な治療は必要ありません。

発熱があるときは、無理をせず安静にしていれば改善します。