ベーチェット病の症状・原因・治療方法

ベーチェット病とは??

分類   【 膠原病類似疾患 】

読み方  【 べーちぇっとびょう 】

ベーチェット病は、アフタ性口内炎、外陰部潰瘍、皮膚の紅斑、目のぶどう膜炎が主な特徴とされている病気です。

20〜30代に多く発病し、女性よりも男性の方が少し多く、重症になりやすい傾向があります。
世界的にみると、韓国、日本、東地中海地方に多く、日本だけでも患者数は約11万人と推定されています。

原因

遺伝的素因と免疫異常が関係しているのではないかと考えられていますが、はっきりとした原因は不明です。

症状

皮膚には皮膚のしこりがある、盛り上がった紅斑ができて痛みがあります。
目のぶどう膜炎を繰り返しいると失明する場合もあるようです。

また、多くの臓器を冒して、関節炎など様々な副症状があらわれます。

注射針を刺した後に膿庖ができるのが、ベーチェット病に特徴てきな反応です。

治療方法

副腎皮質ホルモン剤と免疫抑制剤がおもな治療薬です。

関節炎に対しては非ステロイド系抗炎症剤、血管型ベーチェット病には血液凝固を防ぐ抗凝固剤が用いられ、目の炎症の発作防止にはコルヒチンが有効です。