色覚異常の症状・原因・治療方法

色覚異常とは??

分類   【 視機能の異常 】

読み方  【 しきかくいじょう 】

色覚異常は、色の識別が判断しにくい状態の事を言います。

比較的先天性のものが多く、先天性色覚異常は、全色盲、赤緑色覚異常、青黄色覚異常に分けられます。

その中でも先天性色覚異常の大部分を占めるのが赤緑色覚異常です。

また、先天性の色覚異常であれば進行することがありませんので、視力、視野などと機能には異常はありません。

原因

先天性のものが多いですが、後天性のものもあります。

後天性のものに関しては、目の病気にひき続いておこされるもので、眼底や視神経の病気の場合、視力の異常もあらわれます。

症状

色の識別が判断しにくくなります。

  • 全色盲…物が白黒に見えます。
  • 第一色覚異常…主に赤の要素の異常、あるいは欠損しています。
  • 第二色覚異常…主に緑の要素の異常、あるいは欠損しています。

などすべての色が全く見えなくなるのは、全色盲だけで、その他は段階にわかれた症状があらわれるようになります。

治療方法

一般的には眼鏡やコンタクトレンズで矯正を行います。
眼鏡やコンタクトレンズをつくるときには、まずは眼科で専門的な診察や検査を行い、その他の眼病が関係しているかどうかも診てもらいます。

屈折異常による色覚異常であれば、目に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用すれば、よい視力が得られます。