斜視の症状・原因・治療方法

斜視とは??

分類   【 視機能の異常 】

読み方  【 しゃし 】

斜視は、左右の目の視線が一致せず、両目で同時に同じ目標物を見ることができない状態です。

目標物をむいていない片方の目が内側や外側、上や下をむいていますので見た目からもわかりやすい目の疾患です。

片方の目が内側に内側にずれているものを「内斜視」と呼び、外側にずれているものを「外斜視」と呼びます。
また、上に向いているものは「上斜視」、下に向いているものは「下斜視」と言います。

原因

生まれつきによるものと、遠視による調節性の問題が原因の場合があります。

症状

斜視のほうの目が使われずにいると、眼鏡等で矯正してもよい視力が得られない弱視となって、両眼視の働きが失われてしまいます。

治療方法

早期発見早期治療により、両眼視の働きをつけることができます。

遠視による調節内斜視の場合には、眼の調節力を麻痺させる点眼剤を使用してから遠視の度を測定し、適切な眼鏡による屈折異常を行うことがその治療として大切です。

手術を行う場合は、手術後に両眼視ができるように、長期的な視能訓練が必要となります。