眼精疲労の症状・原因・治療方法

眼精疲労とは??

分類   【 視機能の異常 】

読み方  【 がんせいひろう 】

眼精疲労は、普段から目を使う仕事をしていたり、原因となる病気によって、目が疲れやすくなったり、目が疲れている状態です。

原因

原因として最も多いのは老視(老眼)です。
水晶体の調整力低下により、通常よりも目が疲れやすくなっている状態が続くためにおこりやすいです。

その他にも、低血圧や高血圧、貧血などで症状が現れることがあります。

副鼻腔や鼻の病気が眼精疲労の原因となることもあります。

症状

目が疲れやすい、目が痛い、目が重いなどの症状があらわれ、症状が続くと肩がこったり、首筋がはったり、それによる頭痛がしたりします。

治療方法

原因となる病気がない場合は、環境を変えることで症状が改善されることが多いです。
日頃から目を酷使している方は、日頃から目を使いすぎたら休息を入れるなどして目を十分にケアしてあげるのも大事です。

ただ、眼精疲労は目の病気、特にぶどう膜炎や緑内障の初期症状としてでてくることもありますので、疲労状態が続くようであれば眼科医に相談することも必要です。