老視(老眼)の症状・原因・治療方法

老視(老眼)とは??

分類   【 視機能の異常 】

読み方  【 ろうし(ろうがん) 】

老視(老眼)は、加齢によって水晶体の弾力が低下し、近くを見るときの調整がうまくできなくなることで、小さなものや字が見えなくなる病気です。

一般的には老眼と言われていますが、正式には「老視」と言います。

通常では40歳過ぎくらいから調整力の低下が始まりますが、60歳を過ぎる頃には調整力はほとんどなくなりますので、老視もあまり進行しなくなります。

原因

多くの場合が加齢によって、水晶体の調整力がおこることが原因です。

症状

近くの文字が見えにくかったり、不自由を感じるようになります。

治療方法

調整力の低下を補って小さい文字を見るようにするためには、近用眼鏡(老眼鏡、老視鏡)で補わなければなりません。

もともと近視の人は凸レンズ(とつれんず)を用います。