中心性脈絡網膜症の症状・原因・治療方法

中心性脈絡網膜症とは??

分類   【 眼底の病気 】

読み方  【 ちゅうしんせいみゃくらくもまくしょう 】

中心性脈絡網膜症は、網膜の後ろにある脈絡膜に孔ができて、そこから網膜の下に水が入り込むことで、網膜が眼底から剥がれてしまう病気です。

主に20〜40代の働き盛りの男性が、ある日突然片方の目の見え方がおかしくなって気付くことが多いです。

原因

心身的ストレスが原因と考えられていますが、はっきりとした本当の原因はわかっていません。

症状

視野の中心や、見たいところがぼやけて見えたり、小さく見えたり、暗く見えたり、ゆがんで見えたりします。

視力が極端に悪くなることはないですが、やや遠視になります。

治療方法

通常は自然に治ることが多いですが、長引いたり、何度も再発する場合は、内服薬などで治療を行います。

ただし薬物療法では自然治癒が目的なので、治療期間が長くなります。
早期的治療をしたい場合は、水漏れの部分をレーザー光凝固を行います。